大学入学前に海外で語学研修を受ける理由

撮影大学入学前の学生のための語学コースは、あなたに多くの利点を与えてくれます。 しかし、経験に勝る指導者はいません。 A ギャップイヤー やギャップイヤーは、正式な勉強をやめることだけでなく、以下のような意味もあります。 は、他の国に行ってその国の言語を学ぶために使われます。

新しい言語を最良の方法で学ぶことに加えて、精神的な成熟を得ることができます。 つまり、プレユニバーシティとしては あなたは、より自立し、多くの新しい経験から学ぶことができるようになります。 また、手ぶらで行くわけではなく、いつでも言語を学べるように講師を雇うこともできます。

以下では、1年間の休暇を取って他国で新しい言語を学ぶことを決断すべき理由について詳しくお伝えします。

1.この ギャップイヤー の間に、より簡単に学ぶことができます。

のです。 大学入学前の語学コース 、他国で受講すると、自国で受講するよりもはるかに効果的です。 教室で1日2~3時間練習するのと、みんなが英語、フランス語、イタリア語、さらにはドイツ語を話す環境に身を置くのとでは意味が違います。

みんなが違う言葉を話している場所にいること。 の方法を学ぶことができます。  また、日常生活でよく使われるフレーズを学ぶことができます。 それが反映されるのは、次のような状況に直面したときです。

– 食べ物を買いたいと思ったとき

– 人との交流や友達を作ることに関しては

– 仕事を獲得すれば、常に仲間から学ぶことになります。

多くの場合、その国に行って一から学ぶことはありません。 すでに最低限の知識をお持ちの方が多いと思います。 これらは、あなたがより簡単に理解し、先手を打つのに役立ちます。

2.優れた仕事の経験になることができる

のです。ギャップイヤー は、大学に入学する直前の、勉強から離れたギャップイヤーと捉えられています。 この は、 仕事や仕事の経験を得るための良いチャンスとなります これは、プロのキャリアを終えるときに大きな助けになります。

働くことは、お金を得るだけでなく、あなたに大きな このような経験は、あなたを成熟させ、知的に成長させることができます。 別の場所にいることの利点は、戻ってきたいと思ったときに、この経験がどんな雇用者にも高く評価されることです。

また、そこに留まって有名企業の一員となり、良いポジションを得るという選択肢もあります。 もちろん、これは常に大学にアクセスして勉強を終えることを念頭に置いてのことです。

3.世界のさまざまな大学にアクセスできるようになること

先に述べたように、訪問した国に滞在してその国の言語を学ぶという方法もあります。 学生として あなたの行動や成績に応じて、どの大学にもアクセスできる権利が与えられます。 。

自分の国の大学や、ある言語を学んだ場所の大学だけにこだわる必要はありません。 また あなたは、世界の他の場所に行くことができます。 そこでは、あなたが学んだことをすべて評価してくれます。 と収入が格段に楽になります。 場合によっては、地方自治体が教育費や個人的なニーズにまで資金を提供してくれることもあります。

海外の大学は、ほとんど見ています。

– あなたが献身的で責任感のある人であること。

– 当該国の言語を十分に理解していること。

– 学業を終えた後、永久に滞在することは義務ではありません。 しかし、より簡単に現地で勉強できるようにするためには、良い選択肢かもしれません。

4.自分のコンフォートゾーンから抜け出す

多くの場合は 人々は、新しい言語を学んだり、自国を離れたりすることを恐れています。 なぜなら、親戚から離れることは少し不安になるからです。 これは非常に尊重すべきことであり、理解できることではありますが、少なくとも1年間海外にいると、よりオープンな考え方ができるようになる経験になります。

若い人たちは、慣れ親しんだ環境から離れて、一人で何かを学び、やり始めるのは難しいものです。 ただ、新しい文化や他のタイプの社会に直面し、新しい言語を学ぶという事実があります。 は、あなたに多くの成熟を与え、より自信を持った人になることができるでしょう。 。

5.自分のことをもっとよく知ることができる

 将来について考えることは複雑なことです。 あなたは多くの趣味や興味を持っているかもしれません。

心にゆとりを持って次のステップを考えるためには、海外でギャップイヤーを取ることも有効な手段です。 を行う。 gap year with pre-university language courses は、自分が本当に情熱を持っているものを定義したり、再考したりするのに役立ちます。

一生に一度のことだから、自分の時間を大切にするのは当然のこと。 しかし、これまで述べてきたようなメリットが得られるので、無駄な時間ではありません。

6.勉強の改善

このことは、世界でも有数の大学で研究され、証明されています。 高校・中学卒業後の休学について は、あなたがより多くの pep とエネルギーを持ってキャリアを開始するのに役立ちます

この時間を利用して新しい経験をすることが、あなたのすべきことです。 を実行した後 
ギャップイヤー
 、元に戻ります。変化は環境にあるのではなく、あなたの視点や人生の見方にあります。

結論

3ヶ月から9ヶ月は、自分自身を知り、より成熟し、将来についてより明確に考えるためのちょうど良い期間です。  Ynsituでは、大学入学前の学生を対象とした語学コースで、 ギャップイヤー を実現するお手伝いをします これには、様々な場所から選ぶことができます。