なぜ、どこで海外でスペイン語コースを受講する必要があります

Why and where you should take an Spanish Course Abroad

スペイン語は世界で2番目に話された言語であり、21カ国にわたる公用語です。 スペイン語を学ぶことは、学生がヒスパニック文化を探求し、スペイン語圏の人々とコミュニケーションを取り、雇用される機会を与えます。 今日では、スペイン語は広く教えられている言語であり、スペイン語圏以外の国でも、基礎的および高度なコースを提供する機関があります。

スペイン人学習者にとって最大のジレンマの1つは、母国でスペイン語の勉強をするか、
海外の大学前のコース
を進めるかです。 あなたの母国でスペイン語を学ぶことは間違いなくより経済的な選択肢ですが、海外に行って言語を学び、習得することは、最近ますます多くの人々によって探求されているオプションです。 結局のところ、後者の選択肢は、旅行、新しい人に会うこと、そして数え切れないほどの新しい経験をすることです。

この記事では、スペイン語を学ぶのに最適な国や都市を案内します。 スペイン 語を学び、同時に旅行することに興味があるなら、Ynsituを通して両方をしてみませんか? 私たちは、世界中から最高のコースと学生を接続するプラットフォームです。

スペイン

スペイン語を学ぶ際には、アジアやヨーロッパの人々に選択の目的地です。 言語の発祥の地であることとは別に、豊かな文化遺産と旅行者の楽園にする数多くのエキゾチックな場所もあります。

スペインでスペイン語を学ぶのに最適な都市のいくつかは次のとおりです。

マドリード

スペインの首都は、街の人々がクリスタルクリアなアクセントで知られているので、将来のスペイン語学習者のための夢の目的地です。 マドリードはヨーロッパで最も発展した都市の1つでもあり、スペイン語のコースを提供する豊富な学校があり、学生が選ぶには数え切れないほどの選択肢があります。 しかし、マドリードは生活水準が高く、高価な目的地となっています。

サラマンカ

スペイン西部のサラマンカの人々は、カスティーリャ語を話すという点で明快さで知られています。 また、世界中の学生が常に満ちている場所となる主要な大学都市です。 サラマンカはマドリードほど多くの活動を提供していませんが、安全性、寛容さ、手頃な価格で大切にされている目的地です。

バルセロナ

バルセロナはスペインで最も華やかな目的地の一つであり、ユニークな文化、快適な天候、豊富なアクティビティを誇っています。 マドリードと同様に、スペインで最も高価な都市の1つです。 カスティーリャスペイン語はネイティブの人々によって話され、理解されているにもかかわらず、ほとんどの人はカタロニア語、バルセロナとその周辺地域に固有の言語を使用することを好みます。

グラナダ

スペインの南海岸に接するアンダルシア地方の都市、グラナダは挑戦のためにアップしている将来のスペイン語学習者のための理想的な目的地です。 グラナダでは、住民の大半は、カスティーリャスペイン語といくつかの違いを持っているが、南米で話されている方言と著しく似ているアンダルシア語を話します。 アンダルシア語スペイン語は初心者には難しいかもしれませんが、世界中のスペイン語を話す人とコミュニケーションを取るのに最適な方言です。

南米

ブラジルを除いて、他のほとんどすべての南米諸国は、彼らの公用語としてスペイン語を使用しています。 メキシコ、キューバ、アルゼンチン、チリなどの国々は、スペイン語学習者の優れた語学コースを頻繁に受講しています。 アメリカ、カナダ、オーストラリア、ニュージーランドの居住者であれば、南米はスペインよりもスペイン語を学ぶのに適した場所でしょう。

スペイン語を学ぶ海外プログラムのために考慮できる南米の都市をいくつか見てみましょう:

ブエノスアイレス(アルゼンチン)

多くの人がアルゼンチンの首都ブエノスアイレスを南米で最も優れた都市と見なしています。 また、いくつかの有名なスペインの学校の本拠地である大陸でスペイン語を学ぶのに最適な場所の1つです。 壮大な建築とエキサイティングなナイトライフと組み合わせることで、ブエノスアイレスは、勉強、探検、パーティーを組み合わせたい学生のための優れたスペイン語学習先になります。

オアハカ市, メキシコ

メキシコのセントロ地区のオアハカ市は、首都、メキシコシティ、グアダラハラのような人気のあるメキシコの都市ほど有名ではないかもしれませんが、スペイン語学習の中心地として、スペイン語の学習の中心として、それに匹敵する可能性は非常に少ないです。 オアハカ市には素晴らしいスペインの学校があり、他の都市と比較して観光客の頻度が少なくなっているため、スペイン語の専任学習者に最適です。

サンティアゴ(チリ)

サンティアゴはチリの首都であり、最近ではスペイン語の学習拠点としての確立を行っています。 市は、スペイン語の学習を可能な限り効果的にするための革新的な方法を考案した大陸で最も評価の高いスペインの学校のいくつかを誇っています。 サンティアゴでは、近くのバルパライソのブドウ畑と共に、市内の博物館や高級ダイニングシーンの探索など、多くのアクティビティを楽しめます。

ハバナ(キューバ)

キューバの首都ハバナは南米の観光の避難所の一つであり、エキゾチックな文化、豊かな歴史、そして素晴らしいビーチはカリブ海の必見の都市です。 また、キューバが世界的に有名なのんびりした雰囲気を体験したい留学生のためにスペイン語を学ぶのにも最適な場所です。 また、大陸で最もトレンディなバーのいくつかに家であるため、学生が時間を得たときにくつろいでパーティーをするのに最適な場所です。

したがって、この記事で選択する8つの潜在的な目的地をカバーし、どれを選択するかは特定の要因に依存します。 たとえば、観光 や観光の場が満ちている都市でスペイン語を学びたい場合は、マドリード、バルセロナ、ブエノスアイレス、サンティアゴなどのオプションから選択する必要があります。 これらの都市は最もポケットに優しくないので、関連する費用も考慮する必要があります。

しかし、私は海外に行くことのあなたの唯一の目的は、バルセロナやマドリードほど高価ではない平和な環境でスペイン語を学ぶことですあなたはオアハカ市、グラナダ、またはサラマンカのような場所でより良いでしょう。

今スペイン語を学び始め、Ynsituで利用可能な海外のスペイン語コース

の多種多様からあなたの選択を取り、旅行学習者のインスピレーションの生活を送る6つの大きな理由を発見してください。

Leave a Reply